【東方非想天則】プラクティスで連続ガードを確かめる方法【攻略記事】 - ストイッククラブBlog

ストイッククラブBlog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 東方非想天則攻略 > 【東方非想天則】プラクティスで連続ガードを確かめる方法【攻略記事】

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.26 Mon 【東方非想天則】プラクティスで連続ガードを確かめる方法【攻略記事】

 お久しぶりです。清く正しいぱれいまるです。
 会社の課題(10個ぐらい溜めてました)全部片付けてようやく原稿にとりかかれています。
 本来ならばさっさと原稿しろカス!なんですがアウトプットもしないとダメかなと思いまして(



 今回はプラクティスの小ネタで『連携が連続ガードかどうかを確かめる方法』です。






 連続ガード(略して連ガ)というのはすごく簡単に言うと「ある攻撃のガード硬直中に別の攻撃の発生が間に合う」ときに発生します。
 つまり連ガの連携中はずっとガード硬直が続くので基本何も行動できません。
 ※ガード硬直をキャンセルしてグレイズ付きのダッシュやハイジャンプやバックステップを行う回避結界やシステムカードの龍魚の羽衣などは例外です。

 連続ガードかそうじゃないかというのは攻める側にしても守る側にしても非常に重要なことなので出来る限り知っておくのが強くなる秘訣といえるでしょう。


 やや話がそれました。本題に入りましょう。
 今回は破門されたウサギさんをお呼びしました。

 連ガプラクティス その1



 わかりやすく説明するためにあらかじめここでは射命丸の連ガ連携である「6A>B」と非連ガ連携の「6A>6C」で比較していこうと思います。
 まずは確かめたい状況(今回の例では画面端です)で鈴仙人形を「ガードを有効」に設定します。


 1.まずは6Aを打つ
 

 連ガプラクティス その2
  (やだこのモーションかわいい)

 2.続けて素早くBを打ち、Bの攻撃が相手に届く前に設定画面に入る。
   どういうことかというと。

 連ガプラクティス その3

 このB射撃のモーション中(厳密には鈴仙が射撃をガードする前に)に……。


 連ガプラクティス その4

 この画面へ行きます。

 3.「ガードを無効」になおして対戦画面に戻る(上記設定画面参照)
 この次の攻撃が届く前にCPUのガードを無効にするということが小ネタのポイントになります。
 もし連続ガードならば例え途中でガードを解いたとしてもダメージを食らう道理がないからです。
 ですからこのB射撃の場合ならば次の画像のように……。

 連ガプラクティス その5

 鈴仙はガードします。ですが6A>6Cという非連ガ連携で同じことをやると以下の画像のように攻撃を食らうことになります。

 連ガプラクティス その6

 ウサァ(゚×゚


 ――と、いう感じです。
 瞬間的に忙しい作業なので確かめる連携によっては結構だるかったりするのが欠点ですね。
 そういう時は仲の良い身内なんかに声をかけて調べプレイに協力してもらうのが良いですね。僕もよく身内には助けてもらっています。


 まあ、連ガ構成なんてのは最終パッチから2年も経っているゲームですしやりこんでる人に聞けば大抵の情報は入手できると思うんですが。やっぱり人間「自分で調べたもの」というのは非常に脳に残りやすくて忘れもしませんので自分で頑張って調べてみるということもなかなか意外と重要なことだと思いますよ?


 明日の出勤があるのでここらへんで。
 それでは、あなたに楽しい非想天則ライフがありますように!
 清く正しいぱれいまるでした。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。