【東方非想天則】咲夜対レミリアの相互対策記事 その2【咲夜側:無常、レミリア側:コリウス】 - ストイッククラブBlog

ストイッククラブBlog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 東方非想天則攻略 > 【東方非想天則】咲夜対レミリアの相互対策記事 その2【咲夜側:無常、レミリア側:コリウス】

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.14 Thu 【東方非想天則】咲夜対レミリアの相互対策記事 その2【咲夜側:無常、レミリア側:コリウス】

 夏コミはパレットと雪でレミさと本だします!サークルカットはこちら!(広告)



 ……どうかしましたか(´てんぐ`)?はい、どうもパレットです。
 大変ご無沙汰させてしまいましたが、表題通りにレミリア咲夜対策の後編です。

 ※ちなみに前編はこちら

 前編だけでも相当濃い内容でお送りさせてもらいましたが、本番はこっからですので是非皆さま気合いいれなおして読んでいただけたらと思います^0^
 今回の見出しは以下のようになります。

【固め+起き攻め+コンボ考察】レミリア→咲夜
【各種技対策】レミリア→咲夜
【受身狩り考察】
【固め抜け】レミリア→咲夜
【最後に】

 
 それではどうぞ。




【7.固め+起き攻め+コンボ考察】

【レミリアの咲夜への固め】

<中央>
基本的に捕まえても咲夜のしゃがみが低いため端に運ぶのは難しい。
一番安定なのはしゃがみに左右されない 「2A>ディレイ3A先端当て」による運びだ。
3A先端当てをガードさせれば正誤に限らずレミリア側が有利というのを利用した運び択として優秀な連携。
ただしただ3Aをブーンブーンと闇雲にふっていると2Aに銭をされて相手の後ろ歩きと合わさって3Aが空ぶってしまい「遠A>3A>DB」が確定してしまう。
銭を持たれている場合はB射撃を混ぜていこう。

またレミリア側が触りにいく選択肢として「JB(相手ガード)>前D>JAA」というのもある。 ガードさせれば安定して触れるがこちらはJBに走られると差し込まれるというリスクがある。またこちらの連携も銭を持たれている場合はJBに銭をされてあんまりよろしくない。JBに走られるならば択を散らして揺さぶって通していく、そして銭の場合はJB後に着地するという選択肢をいれていこう。

と、咲夜の中央への固めにくさを解説してきたが弱点がないわけではない。 咲夜のしゃがみ判定は低い代わりに横に広い――つまりめくりはしやすい部類のキャラだ。めくりの距離を作ったらJ2AとJ2Cで表裏を狙っていこう。
ここまで読んでいる人には当たり前かもしれないがJ2Aは最低でもダウンで、カウンターすればリスクを払ってもお釣りがくるほどのハイパーリターンだ。使わない手はないだろう。

またC>Bウォークなどの増長もあるが対策されていたら反確となるのでグングニル握っている時だけにしよう。

7.jpeg
コリウス「まぁ、対策しらなければやってもいいけんな!」
3.jpeg
無常「対策を書かないとでも思っているのか?」
7.jpeg
コリウス「もうダメだぁ……おしまいだぁ! 勝てるわけが無いッ!」
Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これはドラゴンボールのブロリーとベジータですね」
ぱれいまる1
パレット「対策は後述しておりますのでそちらをご覧ください」


話に関連性を持たせてグングニルを握っている時のウォークの小ネタを一つ。
ウォーク>グングニルは強力な連ガ連携だが、なかなか猶予はシビアだ。しかし入れ込んでしまうとウォークがカウンターヒットしたときにグングニルが当たらずに無駄打ち……。
このジレンマを解消するには使用する際にウォークが当たる前にスペカボタンを1回ぽちっておくことだ。そうすると。

相手がウォークをガードする>グングニルが出る
相手がヒットしている>グングニルが出ない


と、両方の状況に対応できるのだ。これを編み出したからしレミィさんの名前を使ってからし式と呼んでいる。
これは対咲夜だけではなくあらゆるキャラ相手に便利なので使っていこう。

※原理はよくわかってないのでからしさんに聞こう\(^o^)/



<画面端>
中央と同じく咲夜はしゃがみが低く固めるのは難しい。基本的に固めでは割るというよりカードを溜めるのを意識しよう。
それを踏まえて解説していくと 主軸となるのは4A(5A)増長固めがいい。この固めに対して相手はHJで抜けるのが基本になるのでジャンプの狩り択を同時に覚えていこう。
代表例としてまずは"A三段目出し"だ。地上カウンター食らいしてくれるので美味しくフルコンボしよう。または"4A>2A"の択も良い。HJしていたらカウンターヒットは勿論、ついでにジャンプガードも狩れるのでおいしい構成。

悩むmini
NKLV師匠「何もこれに限った話ではないけど固め連携のどんなところであたっても魔方陣やダウンを取れるようにするのが大事。連携だけ練習するのでなくその後のコンボもしっかり練習しましょう。山との約束だぞ!」

というわけできちんと魔法陣を出して〆るということは忘れないように。

勿論どちらも相手の出方によって固め終了してしまうがHJ抜けのリスクを作るためには必要経費と考えておこう。
継続という観点で強い選択肢なのが地上ジャンプからのJ2Cだ。しかしJ2Cは前ダッシュされると振り向きから3Aが当たってしまうので択散らしによる揺さぶりは必須である。もし走られたのを確認したら上飛翔で3Aの直撃を避けることができることは覚えておこう。

>スピア・ザ・グングニルについて
本来ならばガードさせると4~5ヒットし霊球を2~2.5個、体力を1000程度奪い、50Fほどレミリア側が有利になるはずのグングニルは咲夜相手には中央はもちろん画面端でも咲夜のしゃがみが低いため1~2回しか当たらない
つまり霊力も体力削りも有利状況も作れないことになる。
というわけで咲夜相手のグングニルは固めで使いにくくなっているのだがしかし! まだ諦めてはいけない。
6A(誤ガ)>B>グングニルである。
6Aが誤ガしたらB射撃即キャンセルグングニルというやつだ。

THE「これは入れ込みヒット確認というテクニックですね」
コリウス「合計で霊力を4程減らすこの連携、使っていこう」
NKLV師匠「さらにフォークがあると6A(誤ガ)>B>Bフォーク>グングニル>Bフォーク(霊力5.5削り)というとんでも連携があるぞ!」
讃岐「霊力5個以上削れるとかおかしいやろwww病院いく?wwwくぅ~↑www」


【咲夜への起き攻め】
<中央>
上記でも若干触れたがJ2AとJ2Cでの表裏を択る。これに尽きるだろう。
それを狙わない、もしくは狙い難い状態だったらサヴァやチェーンを撒いて状況有利を取ってもいい。

<画面端>
咲夜はこのゲームにおいて起き上がりという点でかなりの弱点を負っている。
その場も移動起きも遅くおまけに距離も短い。まひる(相手の移動起き先で前後に歩行してそこからの打撃の表裏をゆさぶっていくこと)を食らいやすいキャラだ。
またまひるをしなくても起き上がりに両対応しやすい。コンボの〆によって行動を変えていこう。
チェーンがあるならチェーンで起き攻めをし、無いならば他の行動で起き攻めをしかけていく。

・チェーンが無い場合
2C〆
2Cは起き攻め猶予が長い。2Cで〆ることが出来たらサヴァを撒いていこう。

他の〆
2C以外の〆は起き攻め猶予が短くサヴァが重ねづらい。ここはまひるを狙おう。

咲夜が移動起きならばまひるからの打撃重ねで継続。
咲夜がその場おきならJ2Aを重ねる。


J2Aを重ねることで2B、HJ、前ダッシュ、クロース――というか無敵技、切り返しシスカ以外全て刈り取れる。これを知ってるか知らないかで咲夜に対する起き攻めはグググーッと変わるぞ!

・チェーンがある場合
J8A〆
チェーンがあるとプレッシャーは更にあがる。
低空溜Bチェーン(溜め時間少な目)>1飛翔
その場起きにはチェーン、移動起きにはまひるとどちらに転んでも嫌な状況を必ず作り出したい。

・JAA〆 2C〆 J2C〆
基本的な考えはJ8A〆と同じだが、多少猶予が長いのでホールド時間を増やそう。
猶予的な意味でホールド時間はJAA<2C<J2Cと考えればいい。

・J2A〆ないし猶予が無い時
チェーンは撒けない。
その場起きには5Aないし2A重ね

どやぁ・・・mini
NKLV師匠「弱射撃ボタンを押しながら宣言すると、宣言時もチェーンをホールドさせることができるので使っていきましょう。もちろんホールドが可能な技ならどのキャラでも出来ます」

移動起きには表裏を狙ったJ2AやDA、3Aで追いかけよう

【咲夜へのコンボ】
基本コンボは大体入るはず。はず!←
以下俺が知ってるキャラ限定コンボ

画面端
3A(ノーマルヒット)>AAA>2C>JA>JC>J8A(2991)

レミリア使いが泣いて喜ぶようなダメージが出る上に起き攻め猶予も長いgoodなキャラ限に笑顔が綻びます。
3Aの後にちょこっち前歩きをすると繋がりやすい。

ちなみにここでの安定コンボは3A>2A>2C(1936)で威力が1000ほど違う(驚愕)
とはいえ難易度も考えるとどちらを使うかはお好み。俺は簡単なほうでいいですぅ(^q^) 




【レミリアへの固め】
<中央>
咲夜が中央付近の相手を画面端に運ぶのに一番楽なのがJB(J2B)をガードさせることである。
しかし、レミリアは全キャラでも2番目に歩きが早く中央で後ろ歩きするだけでもこちらとの距離がはなされてしまう。距離が離れればその分、咲夜の射撃に対して反応できる猶予が長くなるので、いつものように中央付近でJB運びを狙うと、見てから打撃を刺されてしまうことが増えてしまう。

レミ咲2記事2
この小憎たらしい後ろ歩きのせいで捕まえづらい。

と、こう言ってしまうと
「射撃見てから打撃刺されたら~なんて話してたら運びなんて存在せんやんけ!」
と思ってしまう人も少なくないのではないだろうか。

しかしここでよく考えて欲しい、歩きが優秀で見てから打撃を刺してくるということは
相手は後ろ歩きをしている=立ちガ状態になっているのである。

というわけでここをついて6A(誤ガ)>5Cの連ガ連携を狙うのがとても有効。
5Cの運搬能力なら中央からやや相手が画面端寄りの位置からでも即画面端にご招待することができる。
6A>5Cで運んだあとは9HJ>J6Aで触りにいくのがセオリー。
このときJ6Aに対してレミリア側がチキガ(ジャンプからのガード)をすると前結界もするしないも関係なく着地>3Aが確定する。確定ポイントでガッツリダメージを稼いでいこう。

7.jpeg
コリウス「ぐぬぬ↑ 画面端に運ばれてしまう、ここはジャンプで……」
呆れmini
NKLV師匠「(コリウス……コリウス……チキガを我慢するのです……)」
7.jpeg
コリウス「ハッ……どこからか神の声が」
3.jpeg
無常「チッ……」

ちなみに6Aを正ガされた場合は5Cは連ガではない。
ここで相手がBウォークを入力していると6A>5Cが確定でカウンターヒットしてしまい大変なことになる。
この6A正ガ後のBウォークには6A>5B>8HJ>3飛翔で着地後ガードで反確だ。リスクを持たせていこう。

<画面端>
気をつけるのはコリウスさんが後述する「咲夜の固めを抜けよう」で説明している2A対策を考慮すれば他キャラと変わることは無い。射撃にウォークされたら相手が上手かったと思おう。

無常「レミリアってキャラ……固めるの難しくない?」
コリウス「そこに気づくとは・・・でも妖夢もB弦月とC弦月で択れるし同じ同じ(迫真
無常「多分そう思ってるのはレミリア使いだけだぞ?コリウスよ」
コリウス「いや、そんなまさか HAHAHA」

【レミリアへの起き攻め】

・Cバウンス起き攻め
クレイドル宣言されてなければいつも通り。
宣言されている場合はCバウンス>DA重ねのDAにディレイをかけよう。最速で出すとクレイドルに打ち負ける。

・殺人ドール起き攻め
殺人ドールに対してはレミリア側はクレイドルという択がある。
とはいえ体力有利ならばいつも通り重ねればいいし、レベル1くらいのクレイドルならばドールでダメージ勝ちできる。
但し疎雨、テメーはだめだ。
そしてクレイドルで死ぬ体力だったらガードを考慮に入れよう。考えればわかることだが先にクレイドルがあたって死ぬ。

・プライベートスクウェア起き攻め
無敵切り返しがあったらコリウスさんがスペカ対策のほうで書いている4A(ガード確認)>2C>星剣~の連携を使っていこう。

【レミリアへのコンボ】
<中央>
AAA>2B>J2Bがレミリアのしゃがみ状態には入らず、また立ち状態でも難しいので
AAA>2B>5C>J6Cで受身狩り3Aを置く構成にしよう。

<画面端>
レミリアはAAAA>JA>J6A>JB等のA連からJA>J6Aというパーツが繋がらない愛されボディ。
よってレミリア専用のコンボを使っていく必要がある。以下少し紹介。

AAAA>2B>J6A(約2200) とにかく簡単なコンボ
AAAA>8j>JA>J2B>JC(2374)  オススメ構成 火力もそこそこ出る
AAAA>3A(1hit)>Bマジックスターソード(2046)   コリウス式!!

この辺から適当にコンボを選択しよう!
一番オススメな構成ができるに越したことは無いが、魔方陣を取って起き攻めにいくのが咲夜だと一番大切なことなので、安定しないなら簡単なコンボを選択していこう。






【コリウスが考える咲夜の技対策】
<打撃>
・3A・・・咲夜の代表的な対空。低空受身は禁物。咲夜相手に受身をするレミリアなんてただのカモなので注意が必要だ。地対地で誤ガすれば霊力1削られるがしゃがみガードモーションで2段目を空かすことができレミリアの2Aが確定させられる。霊力と相談しながら誤ガをしていこう。
・J6A・・・咲夜の代表的な空対空&空対地。こちらのサヴァやCチェーンを打とうものなら突っ込んでくる。基本的にクレイドル以外で判定は勝てないと思っていい。逆に言えばクレイドルなら勝てる。相手の癖をみて対空Cクレイドルは択としてたまに見せるくらいならありだ。
・J8A・・・空中受身を狩るために出してくる。こちらの受身先にめくるように置いてきたり、受身即J2Cを咎めてくるので気をつけよう。
・DB・・・ルミネスリコシェやスカルプを握ってる時は注意しよう

7.jpeg
コリウス「(DBくらって)リターン高すぎだろこのバカ野郎(CV茅原実里」
Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これはみなみけの千秋ですねちなみにコリウスさんは夏奈 対策のころー氏は春香ねえさまが好きらしいです(極秘」

<射撃>
・B・・・これを上手く出してくる咲夜はレミ対策をしている咲夜だといえる、ガードすると相手のカードがたまってしまうのでHJで距離を取ってJCやJ2Cを撒こう。
・2B・・・出し方によってはこちらのDA、J2Aがつぶされる上に J6Aもつぶされてしまう。
こちらが飛翔残ってる状態で相手が2B打って来たら、飛翔を使って相手を裏周ってJ6Aを叩き込もう。
J6Aはクロース以外には勝てるし。クロースには様子見択をいれてそこから確定でダメージが取ろう。
・JB・・・弾幕が濃いためにグレイズすることが難しい上にJCも出せる為簡単には差し込めない。
読みきれるならCチェーンがいい。差し込める位置のCチェーンは相手のJ6Aの範囲でもある。ここらへんは読み合いだ。
・JC・・・射撃強度が高くレミリアでは貫ける射撃はない。だが、この後に出せる射撃択は無いためグレイズからJ8Aを狙っていこう。通ったらCチェーンからコンボだ(J8A>Cチェーン>JA>J2C>JA>J8A)
またJB、JCは咲夜のおでこを狙って飛翔で移動してJ2Aというのも有効だ。
・2C・・・発生が早く強度も高い。受身即J2Cとかはやめておこう。

<必殺技一言対策>
・クロースアップマジック
 地上Bクロースをガードしたら2Cから始動したくなるが降りCクロースがあるのでNG。「JAA>2C>JC>J8A」もしくは「JAA>2A>Bウォーク」といったコンボで魔法陣を取ろう。
 こちらがスカデビを光らせていたときに打とうものならワンボタンで罪を償ってもらおう。
 降りクロースの場合はジャンプガードで離れてからB>Cチェーンとやるのが安全。B版かC版かでタイミングが違うので安全にいこう。当たったらダウンするのはあほくさい。

・バウンスノーバウンス
 上方への画面制圧力はかなりのもの。起き攻めで出されたらガード。
 立ち回りならばサヴァ、チェーンを撒きつつ、ガード、上に逃げる、2C>ウォークで択を散らしていこう。

<スペルカード>
 
★0~3で重要度を表現
・殺人ドール ★★★
レミリアはこのゲームでも数少ない殺人ドールに逆択を仕掛けられる貴重なキャラ。
レベルがあがってたらCクレイドルしましょう。もしクレイドルを警戒していたらHJで抜けしましょう。

また位置によってはクレイドルを打ってドールを食らいそれに受身を取ると咲夜側はダウンでレミリア側は受身が取れることになり。なぜか殺人ドールをしたのにレミ側が起き攻め出来るという状況にできる。
ちなみに疎雨や雹ならクレイドルで殺人ドールにダメージ勝ちすることもできる。

さらにガードした場合にも対抗策はある。
遠Aor2A>3A択には最初の打撃を正ガードして銭3結界するとなぜか3Aが当たらなくて逃げられる。
その場起きしたときの近距離だと無理だが移動起きしたときには有効な手段だ。

コリウス「効果は自分で試してね♪」
無常「おい、おい!……それは書くなよ、世間に広めたらあかん……」
讃岐「どういうことどういうことどういうこと?wwwくぅ~↑www」

・プライベートスクウェア ★★★
・起き攻めで使われた場合
クレイドルする場合

3.jpeg
サクヤ・ブランドー「ザ・ワールド。俺だけの時間だぜ」
7.jpeg
レミリア・ジョースター「黄金の回転、クレイドル!」
3.jpeg
サクヤ・ブランドー「バカなぁ・・・このサクヤがぁぁぁぁぁ」
Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これもスティールボールランですね」

プラベ中に打撃とかクソ暴れか?と思われがちだが実は咲夜の遠A、2A、DAに対抗できる立派な選択肢。
ガードされても空中食らいでコンボが安くなるか、地上着地待ってもさほどダメージは伸びない。
霊力が割れていて、体力に余裕がある場合は見せていこう。

3.jpeg
無常「と、言ってるけどクレイドルに対しては4A>ガード仕込み>4Aガード確認>2C>星剣~という択を見せるのが正解。ウェヒヒ、いきなり秘密がばれちゃったね、咲夜使いのみんなには内緒だよっ☆(まどかボイス
7.jpeg
コリウス「……」
3.jpeg
無常「って、おい取り消し線ひこうとするんじゃねえよwwww」
Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これはまどか☆マギカですね」
ぱれいまる1
パレット「取り消し線はみづらいので消しておきました」

・ガードする場合
咲夜側の割り方にも寄るが基本的に中央に向かって移動起き上がり。
そこから2C>星剣をガードさせた後打撃で来るタイプにはプラベ終わり際の打撃を正ガードして後結界で抜けるのがベター。
2C>星剣>J2C>J6C等の射撃増長タイプには2Cに2結界択を見せよう。
結界を警戒すると割れない、結界を警戒しないと結界を狩り難い……それでも強いことにはかわりないがプライベートスクェアを攻略するわずかな糸口となる。

・ぶっぱでプラベを使われた場合
無敵時間を利用した天候調整。また天候を有利に進めるためのプラベにもまた対策が必要なのだ。

・烈日以外の場合
距離にもよるが上に逃げよう。レミの上飛翔は上るのがハイパー早し君だからイケルイケル!

・烈日の場合
上に逃げると余計に死ぬので(3kぐらい減る)根性でガードかクレイドルをみせていく。


根性見せる以外にデッキ紹介で言及した緋想の剣が対策になる。もちろんこれは烈日じゃなくても有効。
プラベ見てからカード回し>緋想の剣発動で序盤のゆっくりタイムを緋想の剣の無敵時間でやりすごすことが出来る。割れることはまず無いだろう。
あ、やらないとは思うがプラベ見てからグングニルはさせません。させないよ?

レミ咲2記事3
怒りmini
†ぽぱい†「刺し穿つ、紅魔の――」

レミ咲2記事5
痛いmini
†ぽぱい†「何ッ!?次元干渉をしたというのか?」
3.jpeg

無常「レミリアが覚醒の無駄うちGOOOOOOOOO」
7.jpeg
コリウス「ワカラナクナッテキター オモシロクナッテキター」
Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これはGIGSというGGXX大会の実況のモノマネですね。ちなみにこちら
ぱれいまる4
パレット「もう少しみんながわかる茶番をしてください」

・ルミネスリコシェ ★★
DB3段目、A連4段目、2Cから連ガを作ることが出来る咲夜のエースダメージアップカード。
中央ならば2結界してガードして様子見すれば何も起きない。霊力に余裕があったら結界すら必要ない。これは知る人ぞ知る「サービスリコシェ」という。
端の2C>ルミリコ>中下択>3Aと出すと結界を狩りつつ霊力を削れる連携となる。こっちはサービスでもなんでもない。

・DB3段目>ルミネスリコシェについて少し掘り下げる
DB3段目に対して最速入れ込み前結界すると相手がルミリコを出していた場合、結界後最速Cウォークでこちらはノーダメージでルミリコをやり過ごすことが出来る。スカデビを持っている場合でも同様だ。
グングニルは途中でこちらのグレイズがきれて相うちになる。グングニルで倒せるフィニッシュしてしまおう。
Bウォーク>グングニルだとウォークがカウンターした場合にグングニルが当たらないこともあるので基本はCウォークかスカデビが安定する。

・2C>ルミネスリコシェの場合は?
 まず6A>2Cが正誤に関わらず連ガになるのでこのルートからルミリコにつないでくる可能性は高い。
なので6Aに前結界を狙えばルミリコがどうとかいう話では無く2Cを相手が出した時点でこちらのA連が確定。
 ルミリコの暗転が見えても勇気を持ってA連を出す。レミリアが勝ちます。

7.jpeg
コリウス「最速結界>最速Cウォークとか俺上手すぎだろ、上手いから許されるわwww」
3.jpeg
無常「これはキャラが不利だぁあああ」(マヨボイス
Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これは僕のモノマネですね。聞きたい人は僕のニコ生(co1136295)を見ましょう」

・ソウルスカルプチュア ★★
火力上乗せ技。レミリアへのネタとしてはJ6Aをガードされると確定でスカルプを挿すことが出来る。
ダメージは3000未満になることが多いので体力に余裕があればわざとJ6Aを打つのもありだ。
一応スカルプの暗転からバッドレディスクランブルで暗転返しができるがこのために入れるのもあほらしい。

6A>2C>スカルプが連ガで2.8程(誤ガすると3.8)削るので構えてたら下段警戒しよう。

>スカルプが咲夜側のミスでグレイズできた場合の反撃方法
咲夜の足元はポケットになっておりそこでは斬撃が当たらない。
よってしゃがんで待っていれば反撃を取るのは簡単。わざわざ裏回ったりしなくてもおk。
安定取るなら咲夜が優雅に自由落下してるときに2Aで拾ってあげるのがいいね

・エターナルミーク ★
ガードしたらしゃがめ。ドールミークは諦めろ
反確取れそうならウォークで。





【無常が考えるレミリアの技対策】
<打撃>
5A・・・咲夜の5Aより1F発生が早く、ガードさせて1F有利。
     5Aの擦り合いだとまず勝てないので気をつけよう。
2A・・・空ガ不可で発生が早く、隙が少ない上にリターンを取りやすい非常に優秀な打撃。
     こちらの増長を咎める暴れにも使えるので下手な増長は控えること。
3A・・・吸血鬼といえばスライディング。スライディングといえば吸血鬼。
     どのキャラを使っていても正ガして自キャラが有利な位置を覚える必要があるだろう。
JA・・・上方向に判定が強い。JAAと二段目を出せるので結界するときは注意。
J6A・・・範囲が斜め下に広いので、飛んでいるレミリアより下にいる場合は常に警戒しておく必要がある。2Bを置いておくのが重要。
J2A・・・めくりに固めになんでもござれな優秀な打撃。J2Aを使っためくりは人間にはほぼ見えないと言われているのである程度ダメージを貰うのは仕方ない。J2AをCHしてしまうとコンボの猶予が長く、各種スペカで追撃が可能なのでカウンターは避けたい。
J8A・・・レミリアの早さも相まって、予想外な位置から飛んでくる。J8Aの範囲をしっかり覚えてガードしよう。
溜6A・・・正ガード後はレミリアが2F不利だが、近Aが届かない位置だと咲夜がレミリアの2Aに勝てる打撃はない。HJも2Aに狩られてしまうので、ガードするか2結界が無難か。

<射撃>


無常「もしかして、レミリアより咲夜のほうが射撃は強いんじゃ……?」
コリウス「これはキャラが不利だぁあああ」(マヨボイス


<必殺技>
・チェーンギャング
Bは設置射撃。Cは無干渉の速射。
レベル3から90度近く曲がるので、真上であっても油断せず警戒しよう。
コンボ、起き攻め、立ち回りの全てにおいて優秀なので咲夜にはチェーンを使う人が多いだろう。

・サーヴァントフライヤー
立ち回り最強の設置射撃。
遠距離だとレミリアはサーヴァントフライヤーを置きたいので6CやJ6Cで差し込むか思い切って6飛翔してJ6Aを刺し込みにいくのが有効。

コリウス「あれ、クレイドルウォークなくね?w」
無常「いや、あれは俺もわからん」
讃岐「どういうことwwwどういうことwwwくぅ~↑www」
NKLV師匠「クレイドルやウォークに対してはガード択を増やしましょう」

<スペルカード>
・紅魔「スカーレットデビル」 ★★★
発生20Fの無敵技。
5コス相応の火力を持っており、ガードしてしまうと霊力削りも2ピッタリと優秀。
コンボ、暴れ、割りと何にでも使える万能な技と言えるだろう。

基本的に起き攻めをするときは殺人ドールを優先的に使っていくがスカーレットデビルがあるとドール起き攻めは危険なのでプライベートスクウェアで安定した起き攻めを狙っていこう!

・夜王「ドラキュラクレイドル」 ★★★
大体どこからでも繋がるダメージアップスペルカード。
基本的にコンボパーツなので特別な対策は無い。

・神槍「スピア・ザ・グングニル」 ★★★
コンボや割りに優秀だが、咲夜はしゃがみガードすることでHit数を少なくすることができる。
一応暗転返しでガー反が確定するので、自分は入れてないけどガー反を入れるのもいいだろう。


【9.受身狩り考察】

ハム太郎(コリウス)「へけっwww咲夜の3Aはおかしいのだクソ技なのだwwww」
リボンちゃん(無常)「あらwwwハム太郎君の使ってるレミリアの2Aも強いからノーカンでちゅわんwww」
と○太郎(○け太郎)「へけっ、上のほうからビッチの臭いがするのだ クシクシ」

                                                      ~fin~

Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これはとっとこハム太郎ですね、と○太郎・・・いったい何者なんだ? ロコちゃん教えてくれなのだ テチテチ」
ぱれいまる4
パレット「これなんのネタですか……」


>レミ側の受身狩り

低空なら2Aで確定ダメージ
中空ならJAや2C
高空ならJA、J8Aを置いていこう

空中固めはみんな知ってると思うし割愛




>咲夜側の受身狩り
低空なら3Aと2Bで択る
中空ならJAや2Bで追いかける
高空ならJ8Aでめくりにいく

結論:というわけでお互いに受身はあんまりしたくない

【10.固め抜け】

・コリウスの考える咲夜相手の固め抜け

7.jpeg
コリウス「中央ならクレイドルとウォーク。端ならクレイドルとウォークで抜けよう(迫真」
ぱれいまる3
パレット「真面目にやれ」
7.jpeg
コリウス「はい」


<中央>

7.jpeg
コリウス「咲夜は対地でJA>J6Cという連携を打つことが多い。運びパーツの基本になっているが実はJA>J6Cは連ガではないためウォークで割り込むことができるんだ。このグレイズ行動にたいしては咲夜側はJA>J2Aがと言う行動がある。これには咲夜側の選択肢として連ガにするときとディレイをかけて非連ガにするときの両方があるがどのみちクレイドルが逆択になるんだ(連ガ時は入力していてもクレイドルは出ない)。クレイドルを警戒されるとウォークが活きる。ウォークが警戒されるとクレイドルが活きる。この逆2択のプレッシャーが大事だね
どやぁ・・・mini
NKLV師匠「うむ」
7.jpeg
コリウス「他には咲夜のJBが主流だけど、上述してあるようにレミリアは後ろ歩きやしゃがみが優秀でJBが相対的に見えやすい。JB確認からの行動で一番強いのはやっぱりウォーク。ダメージもとれるし、よしんばガードされたとしても空中ガードだから反確はほぼない、最強か!?
どやぁ・・・mini
NKLV師匠「うむ」
7.jpeg
コリウス「そしてクレイドルやウォークを警戒させられれば、HJ抜け、4Aor2A暴れ、結界が択として立ちあがってくる。更にガードという択も加えれば単純計算で6択。豊富な択を用意して相手を困らせていこう!」
どやぁ・・・mini
NKLV師匠「うむ」
ぱれいまる1
パレット「師匠も文句なしってことですね」


レミ咲2記事1
↑JAガード後のJ6Cを打とうとしているところ。実はここ走れるんスヨー。

ついついなんとなくガードしてしまいがちな中央運びだが、実は連ガじゃないとか、こうするとわりと安全に抜けられるなどなど対策は沢山ある。
キャラによりけりではありますが画面端で抜けるより中央で抜けた方がおおよそにはリスクが少ないので辛いシーンになる前にさっさと抜けるというのは大事です。


<画面端>
7.jpeg
コリウス「咲夜のAAA>2Bの流れが連ガでそこからJ2BorJ2Aという連携があるのは知ってるよね」
3.jpeg
無常「知ってる知ってる」
7.jpeg
コリウス「実はこれどっちに対しても2Aで勝てるからこすればいいんですよwwwww
悩むmini
NKLV師匠「(コリウス…コリウス…ガードをするのです)」
7.jpeg
コリウス「あ、はい、山の神様wwwww(2Aこすりながら)」
3.jpeg
無常「師匠の言う事をきかないこすり2AにはAAA>2Bから9HJor7HJで2Aをすかしましょう。前者ならJA、後者ならJ2Bからフルコンをとれます
7.jpeg
コリウス「痛っイイ お…折れるう~~~」
悩むmini
NKLV師匠「あ…やめて」
Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「これは孤独のグルメですね」

ぱれいまる1
パレット「2Aに対する9HJor7HJにはそれぞれ前歩きグレイズ行動でターンが交代します。これが対策の対策です。また咲夜側にはAAA>2Bから2Cという対策行動もありますので覚えておきましょう」





・無常の考えるレミリア相手の固め抜け

<中央>

3.jpeg
無常「とにかく銭が強いです。2Aに対する銭はコリウスさんが記述している通りですが、そのほかにJB、J2A、AAなど、ぶっちゃけ適当に銭するだけでレミリアは運べなくなるポイントが多いです。とはいえ、常に銭があるわけではないので銭が無いときは自力でなんとかしなくちゃいけません」
どやぁ・・・mini
NKLV師匠「うむ」
3.jpeg
無常「相手側には色々な選択肢がありますが、全部紹介しきれないのでここは運び択としてJB>66>JAの構成について。JBをガードしてしまうとたちまち運ばれる連携だが、逆にこのJBを確認できれば9HJ>JAでの差し込みが可能です。相手の択に対してリスクを与えていくのは咲夜側も同じ」
どやぁ・・・mini
NKLV師匠「うむ」
3.jpeg
無常「それともう一つ、ありがちな構成として6A>5C>Bウォーク。5CをBウォークでフォローしつつ継続という連携ですが、これには5C確認前ダッシュからすぐにガードを仕込むという行動が正解。5Cをグレイズで消しつつウォークをガードできるので反撃をいれることができます!」
どやぁ・・・mini
NKLV師匠「うむ」
ぱれいまる4
パレット「……この人ひょっとして頷いてるだけなんじゃあ」
切ないmini
NKLV師匠「そこに気付くとは……」

<画面端>

3.jpeg
無常「基本的にはしゃがみガードです。レミリアの固めは抜けづらいですが、すぐに霊力が割れるということはないのでじっくりガードして相手の択を見極めていきましょう。あいての択に対する対処法をいくつか紹介します」

・4A(5A)刻み
おとなしくガードしていよう。ゲージ回収はされてしまうが、相手はこちらが動くのを待っているぞ

・JAorJ2A
少し距離が空いた時に再度密着し、固めようとするときに使ってくる択。距離的には2Aがギリギリ届かないくらいの距離で使われることが多いのでその位置で相手の前Dが見えたら6>4とファジー気味に入力すると、JAやJ2Aがスカりターンを交代することができる。 6入力の後すぐに4入力しガードを入れておくことで、対の択のJ2Cにも対応できるぞ!

Ap5uuluCQAArWYH.jpg
THE「ファジーガードは説明が難しいのでggrksってみるといいですね」

・J2A>J2C
J2Aをガードしたあとに8HJ>JAで反撃が確定する。しかし、相手がD2Aのあと着地近Aをしていた場合はHJが潰されるので気をつける

・J2B>J2C
単純な増長。ガードすると状況が悪いのでJ2Bが見えたらさっさと前ダッシュかHJするのが吉

・2A>6Aor3A
6Aは正ガするとその後はウォークしか狩り択が無いのでグングニルを持っていなければHJや前ダッシュで抜けてしまおう。3Aは距離によるが、密着気味なら正ガして有利なのでしっかり5Aを擦っていこう。密着気味じゃなければおとなしくガードするか結界を見せるのがいい。


【11.最後に】
これで以上!

コリウス&無常「長いので読むのが辛い人は何回かに分けて読みましょう」
讃岐「いまさら言うとかwwwどういうことどういうことどういうこと?www病院行く?wwwくぅ~↑www」
パレット「ほんまやで」

かの有名な”山のNKLV”の弟子であり、動きが瓜二つでよく間違えられる丘(ダリナンダイッタイ)が
かの有名な”全1咲夜使い”とよく間違えられる(迫真)全1咲夜の弟子の無常さんと二人で少しだけ対策頑張ったテキストです。
きっと何も知らないよりはためになるはず!

あと間違ったこと書いてあったらごめんね\(^o^)/
身内ネタ多いのはご愛嬌
ここはこうじゃねぇか?とかこれも付け足せよカスって奴がいたらタダチニツケタシタマエッ!!!!!!!!!!

【スペシャルサンクス】
†ぽぱい†様
†讃岐†様
†THE†様
†山†様

【イラストを使わせてもらった絵描きさんたち】
パレット、コリウス、無常……雪さん pixivはこちら
NKLV、ぽぱい……ぐろっくさん pixivはこちら
THE……ふーかでぃあさん pixivはこちら

この場を借りて改めてありがとうございました。

【編集・提供・添削】
†神聖パレット†







というわけで長きにわたる記事もこれにて終焉となります。
完成直前で保存ミスで行程の3割が消えたときはもうやめようかなと思いましたが、なんとかしました(´・∀・`)
ここまで読んでいただいた方、本当にお疲れ様です&ありがとうございました。
きっとあなたには楽しい対レミリア咲夜ライフが待ってると思います!


それでは、清く正しいぱれいまるでした。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。